花魁の衣装は多くの人を魅了する【帯は前で結ぶのが習わし】

記事一覧

同じようで実は違います

祭り

見分け方をご存知ですか

半纏というとあなたはどんな用途のものを思い浮かべるでしょうか。よく耳にするのは綿入りの半纏、通称「ちゃんちゃんこ」や「どてら」と呼ばれる防寒に適した暖を取るための厚手の袷の羽織りのことではないでしょうか。ですが、半纏というのはそれらとは違う発祥の、主に腰までの長さの和服の一種の羽織りで、それらの防寒具とはまた違うものになります。イメージとしては火消しという仕事をしていた人が羽織っていたものや、今でも馴染みがあるものだとお祭りの際に着用する羽織などがそれです。他にも仕事着として用いられる場合もあります。半纏というと法被と似ているというイメージもあるかもしれませんが、それは遡ると江戸時代に天保の改革によって一般市民に羽織が禁止されたことによって、それから徐々に混在していったようですが襟の折り返しの有無でも区別されるようです。その中でも半纏は襟の折り返っていないものを指します。またそれぞれの歴史も違い、法被は武家社会での中で伝えられてきたもので、半纏は先ほども話の例に挙げた民間での火消しや職人、町人の中で受け継がれ伝えられてきたものという話もあります。それ以外にも胸紐があるのが法被、ないものが半纏という見分け方もあります。なぜ、胸紐がないものがそうなのかと言うと、それは江戸時代の羽織禁止令が発令された際に、羽織の代わりとして市民の間で発展していった、いわば羽織を簡略化したものが半纏だからです。現在、お祭りでよく着用されているのが見られますが、法被と半纏の見分け方としては帯をしているのが半纏といえます。これは先ほども記述した通り胸紐がないため帯をしているのです。ぱっと見たところではとても似ているものですがそういった細かな違いや、受け継がれてきた環境の違いがあるのです。

Copyright© 2018 花魁の衣装は多くの人を魅了する【帯は前で結ぶのが習わし】 All Rights Reserved.