花魁の衣装は多くの人を魅了する【帯は前で結ぶのが習わし】

記事一覧

日本伝統の上着

半纏

こだわりの一枚を作れる

半纏はお祭りやおみこしなどイベントを盛り上げるためには欠かせない日本伝統の和風の上着です。庭師などの職人が作業の際に着用する仕事着としても活用されています。ネット通販ではオリジナルデザインの半纏を作成できるショップがたくさんあり、背中や衿に好きな文字や屋号を入れることができます。既成の半纏に文字やロゴをプリントするセミオーダー品も選ぶことができ、コストをかけずに作成することも可能です。昔ながらの半纏は綿素材で作られていますが、フルカラープリントが可能なポリエステル素材で作ることもできます。綿素材よりも安価なので、大量生産したい場合は素材をポリエステルにすれば費用をかけずに作成することができます。セミオーダー品の制作費用は一枚4000円〜10000円が相場となっており、使用する色の数が増えるほど価格も高くなっていきます。フルオーダー品は生地やサイズ、デザインなどすべて指定して作成することができます。フルオーダーは素材や色数、染色方法によって費用は変わってきます。素材は綿のほかにポリエステルなどの化学繊維を選ぶことができ、同じ綿素材でも薄手や厚手など手触りや風合いが異なる数種類から選べるショップもあります。おみこし用の半纏は耐久性がある厚手の綿素材が向いており、厚手になるほど価格も高くなります。染色方法は手間やコストがかかる手染めのほか、機械で行うインクジェットや昇華転写などがあり、制作費用は一枚20000円〜40000円が相場となっています。

Copyright© 2018 花魁の衣装は多くの人を魅了する【帯は前で結ぶのが習わし】 All Rights Reserved.